「肩のコリ」についてお話しします

このような症状でお困りではありませんか?
 ・ とにかく肩こりが辛い・・・
 ・ 肩こりで家事や仕事に集中出来ない
 ・ 肩だけでなく首まで痛くなってくる
 ・ 肩こりが酷くてめまいや吐き気がする
 ・ 肩こりから解放されたことがない 
 ・ 首が回らない
 ・ よく寝違いを起こす
 ・ ふとした動作で寝違いの様な症状が出る
 ・ 肩こりから頭痛がする
 ・ 朝から肩がこっている
 ・ 肩こりと同時に目の奥も痛い

 

肩こりはなぜ起きるの?
猫背など首が前に出てしまう悪い姿勢が長時間続いたり、
首や肩をあまり動かさずにいると肩周りの血行が悪くなり老廃物が
溜まりやすく筋肉を硬くさせてしまいます。

 

成人以降の大人は新陳代謝が悪いことも原因にあげられます。

 

また、肩こりは、過労や精神的ストレスでも同じような症状に陥ることもあります。
過労やストレスなどで自律神経のうちの緊張やストレスが加わった時に働く
交感神経が血管を収縮させ、血流を悪くさせます。

 

そしていつも肩に力が入っていたり、肩の力を抜けきれないことが影響し、
ますます筋肉は硬くなっていく悪循環をまねくのです。

 

肩の筋肉の緊張がひどくなると、筋肉に硬結(硬く凝り固まった部分)ができ、
頭や目の奥、奥歯などに痛みを飛ばしてしまうこともあります。

 

鎖骨付近の筋肉の緊張が高まると、近くを通る神経を圧迫してしまい、
腕にシビレを起こすこともあります。

 

 

当院でできることは
@肩こりの原因になる首、肩、肩甲骨周辺の筋肉を中心に固く凝り固まった部分の緊張を取り除き、血行を改善していきます。

 

A筋肉の緊張により可動域が狭くなった関節の動きを調整し矯正します。

 

B動きや柔軟性を取り戻した関節や筋肉が、再び痛みを繰り返さないためにも是非行なって頂きたい首、肩周辺の筋肉に負担をかけにくい正しい立ち姿勢や座り姿勢をお教えします。

 

その他、ご家庭や職場でも手軽に出来て効率的に筋肉をほぐすことのできる肩こり改善体操やストレッチなどもございます。

 

血行が良く、筋肉が硬くなりにくい状態を保っていきましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 最新ニュース 企業職場整体 セミナー お身体相談室 アクセス